Top > フォース > クラス概要

フォース/クラス概要
HTML ConvertTime 0.173 sec.

このページはクラスの考察をしているページです。
個人的な所見が含まれている場合があります。
ここにはフォースにおける立ち回り方の例が書かれています。
あくまで例ですので、この記事の内容を全てのフォースに強制するものではありません。
強制してもいけません。プレイスタイルは人それぞれです。
それを念頭に置いて読んで下さい。


クラス概要 Edit

フォース(略:Fo)はハンター、レンジャーと並んでPSO2稼働当初から存在するクラスであり、他のゲームでの魔法使いに近い。
操作が比較的容易なため、初心者にもオススメ出来る。

フォースの特徴 Edit

テクニックによる攻撃に特化した火力クラスであり、スキルツリーの大半がダメージ倍率に関係するスキルで構成されている。
反面、補助テクニックの使用は他の法撃クラスに比べると苦手。


テクニックの射程範囲の広さから、PPさえ枯渇しなければ敵がどこに居てもダメージが出せる。
テクニックによる攻撃は属性率100%。そのため属性耐性の影響が大きい。
無属性である程度ダメージが保障されている他の武器とは違い、属性半減効果を持つエネミーでは本当にダメージが半分になるので、属性相性には気を付けたい。
属性ごとに特性が異なるため、エネミーの弱点属性に拘らず有利な特性を持つもので攻めることも時には重要である。
テクニックはサブパレットからでも使えるため、戦闘中多くの選択肢が取れるのが特徴。
弱点は打たれ弱い点。HPと打撃防御は全クラス中最下位で、装備でHPを補強しないと高難易度クエストでは即死することもしばしば。
テクニックのチャージ中は無防備なため、立ち回りが制限されることも多い。


回避動作であるミラージュエスケープは無敵時間がきわめて長く、回避動作中に旋回することも可能。
反面、動作時間も長く回避後の硬直も長い、いわゆる緊急回避式。
連発が効かないので、要所を選んで使わないと回避後の無防備な状態を作るだけで逆効果になることもあるので注意。
また、他のクラスの様にいちいち攻撃を回避モーションで処理していると反撃の機会が全くやってこない。
なるべくジャンプや位置取りで攻撃を回避し、最終手段としてどうしてもそれらで処理できない時に使うのが望ましい。
ミラージュエスケープはジャンプ中に使えば、回避後の硬直が若干少なくなる。
また地形によっては超低空で使うと着地時に動作が中断され、硬直なしで短い回避動作をすることも可能。ただし無敵時間も無くなる。


他のクラスに比べると操作量が少なく済み、また優れた操作技術がなくともそれなりの活躍をすることが可能だが、
テクニックカスタマイズのレシピ開放や厳選で根気強く投資が必要な側面もあり、メセタがかかる。
法撃値がダメージに与える影響も大きいため、装備にはできる限り法撃とPPのOPを搭載したい。
専用武器による遠隔でのPP回収はいまいち乏しいため、ガンスラッシュも用意しておくといい。

ヘイトにまつわる注意点 Edit

テクニックによる攻撃は、射程の長さと高い威力からエネミーのヘイトを引きつけやすい。
エネミーから距離をとろうとして逃げまわると、主に近接職の攻撃機会を奪ってしまうことになる。
そうなった時には、大きく逃げ回らずに戦う技術も要求される。
逆に、複数体出現するBOSS相手には、片方のタゲを取って引き離し、2体の密集を避けるといったことも不可能ではない。


PP切れの状態でエネミーに囲まれ何もできなくなるといったケースも考えられる。
行き先を塞がれないような立ち回りがまず重要だが、レスタ一回分程度のPPは保険として残すように心がけたい所。

肩越し視点とロックオン Edit

肩越し視点とロックオンを状況に応じて使い分けたい。
基本的にロックオンの方が楽だが、かすりフォイエや上空にタリス投げ→ラ・ゾンデといった肩越し視点特有の攻撃手段も存在する。


肩越し視点(TPSモード)を使えばフリーエイムでテクニックを着弾させることが可能。
ロックオンできないような距離やロックオンできないエネミーの部位などにもテクニックを当てることができる。
その反面、照準を全て手動で行わなければいけないため、プレイヤーへの負担が大きい。
また、発動の瞬間にエネミーが動いてしまうと攻撃が外れてしまうので動きの激しいエネミーに対しては攻撃が外れやすい。
一部のテクニックの地形やエネミーの部位を無視して攻撃できる特性も使えない。
視界が狭くなるため乱戦で死角からの攻撃を受けやすくなる。


ロックオンは地点攻撃型のテクニックと相性が良く、
ロックオンされたエネミーとプレイヤーの間のエネミーや敵の部位を無視して攻撃できる、また一部のテクニックは地形も無視される。
ラ・フォイエ等のテクニックはロックさえしていればエネミーがどんなに動こうと必中する。
反面ロックできないエネミーの部位に攻撃することが出来ず、ロック可能な距離も限られる。

法撃武器の選び方 Edit

かつては属性ごとに特化した潜在の武器を選んだり、武器属性もそれに合わせる必要があった。
エレメントコンバージョンの修正により、武器の属性選びに神経質になる必要性は以前より薄れている。


テクニック Edit

どの武器タイプでも扱えるテクニック
その中から使いやすい物をピックアップ
テクニック一覧はこちら


Edit

1発の威力は全体的に控えめだが、癖がなく使いやすいものがそろっている。
属性限定強化スキルであるフレイムテックSチャージによってチャージ時間を短縮することができる。
このスキルのおかげでフォースが強化できる3種のテクニックでは最も瞬間火力が高い。
ただし消費PPに対するダメージが低いので、極めて燃費が悪い。


ラ・フォイエ(座標指定範囲)
 ロックオンしさえすれば、射線を無視して指定地点周辺を爆破する。
 肩越し視点の場合は、描画範囲外まで届き瞬間着弾とレンジャー真っ青の遠距離攻撃テクの代表格。
 便利スキルなのだが、炎系の中ではDPS、PP効率共低め。弱点部位に吸い込ませることで効果的に攻撃したい。
 また、部位破壊用途で非常に優秀。狙った角度で攻撃判定を置きやすいのもそうだが、
 ロックを利用し、正面からでもカルターゴの背面コアを攻撃可能だったり、
 バンサー系の胴体をロックオンすると全部位を破壊できたりもする。
 ただしキャタドランの水晶をロックしても伸びたときは胴体のほうに当たるなど、独特の挙動を見せることもある。


フォイエ(直線)
 真っ直ぐ火の玉を撃ちだす基本テク。射程はラ・フォイエより短いが、敵単体相手だとDPSは上。
 普通に使うと貫通力の無い単体攻撃技だが、火球の芯を避けて掠るように撃つと複数ヒットが狙える。
 射線を直感的に決められるため、タリスよりロッドの肩越し視点で狙う方が向く。


ギ・フォイエ(自分中心範囲)
 自分中心に渦巻く炎が広がり、周囲の敵それぞれに最大で3ヒットする。見た目よりかなり上下に広い攻撃判定を持つ。
 各ヒットにノックバックがあり、炎もしばらく残るため、射程内のエネミーの動きを制限出来るのが特徴。
 真後ろからの発動で、カルターゴのコアに台に乗らずともノーロックでヒットする。
 EP3時に強化され、全段ヒットはサ・フォイエに匹敵する威力となり、総ダメージも中々。
 


サ・フォイエ(近距離攻撃)
 正面扇状の狭い範囲に炎を出す攻撃。
 火属性テク最高のDPSを持つ。ギ・フォイエを上回る単発ダメージが、1秒足らずで3ヒットする。さらに低燃費。
 攻撃時間が短いため、射程内で出しさえすれば、敵が速かろうとスーパーアーマーだろうと安定して全段ヒットする。
 近接のリスクがクリア出来る場合、例えばボスダウン時など積極的に狙って行きたい。
 射程は距離と上下共に狭くノックバックも殆ど無いため、ギ・フォイエの様な防御的な側面は薄い。コンテナ破壊時に機雷を撃ち漏らすかも。
 射出されたタリスから放った場合のみ上下に対する角度をつけられるという特徴がある。
 完全後衛仕様のビルドの場合は、タリスでの運用のほうが効果的かもしれない。



 その他のテクニック

Edit

追加効果のフリーズによる足止めが魅力だが、凍結は攻撃すると解氷されるため、スキルなしでは効果が薄い。
フリーズキープを最大で取得すればそう簡単には解氷されなくなり、行動阻害目的で十分使えるようになる。


ギ・バータ(前方範囲攻撃)
 Lv16で威力が上方修正された。前方限定ながら範囲はそれなりに広く、雑魚殲滅に向く。
 ダメージ間隔はラ・バータより長く、フリーズも狙えるため足止め効果が高い。
 何故かタリスの向きの影響を受けず、プレイヤーキャラの向きに合わせてしか射出されないのでタリスでは使いづらい。


ラ・バータ(自分中心範囲)
 フリーズ確率が高く、複数回ヒット(最大で4回、ギ・バータより1回多い)するので凍結用に良い。数多でクラフトすれば更に1ヒット増える。
 また、タリスで発動するとタリス中心の範囲となるため、ゾンディールと組み合わせての対集団戦に強みを発揮する。
 ただし、実際の攻撃範囲は見た目のエフェクトより若干狭いので注意。


イル・バータ(座標指定攻撃)
 氷属性の対ボス主砲。連続ヒットさせることで桁違いの瞬間火力とDPSを叩き出す。バル・ロドスあたりはこれが無いと長引く。
 反面、事実上の単体攻撃かつ高ダメージを出すのに連続ヒット前提のため、雑魚処理にはあまり向いていない。
 ロックオンなり直接ポイントした敵にヒットすると氷の紋章が貼りつく。敵がいない場合は発動しない。
 紋章は連続でヒットする毎に仰々しくなり、各ヒットの威力も上昇する(1~3hitで100%、4~6hitで200%、7hitで800%)。
 氷の紋章はイル・バータの7発目フィニッシュを当てるか、一定時間イル・バータのヒットが無いことで消滅する。
 ヒット無しの猶予は短めで、チャージを潰されてしまうと再チャージ後の発動ではまず間に合わない。
 また、自分以外の他キャラのヒットを含んでも、合計7ヒット目でフィニッシュの大ダメージが発生する。
 性質上、一体の敵に短時間で連打することになるので消費がPP25とすこし多めなのが痛い。
 ノンチャージ倍率が50%でエリュシオンと好相性。短時間に連続ヒットさせなければならない性質とも噛み合う。
 ただし、7発目のフィニッシュだけは非チャージ倍率が低く設定されているので、複数人で貼る場合などは誤った起爆に注意が必要。


 その他のテクニック

Edit

炎属性テクニックと正反対ともいえる性質をもつ。
最初こそ他の属性に比べPP消費が多いものの、属性固有強化スキルであるボルトテックPPセイブにより大きく燃費が向上する。
息切れしにくい長距離走タイプの属性。反面DPSはかなり控えめ。


ゾンデ(地点攻撃)
 地点攻撃タイプのテクニック。狙った地点を上から攻撃する。
 地表の落雷地点には狭いながらも若干の範囲があり、複数巻き込むこともある。
 与ダメージは高めで癖もあまりなく使いやすい。ボルトテックPPセイブを取得すれば燃費も良くなり、サブFiやサブBrでは主力として運用できる。


ゾンディール(自分中心範囲)
 小型・中型MOBを一箇所に集め、まとめて殲滅するのに有用。ただし自分の下に集めてしまうため、集中攻撃を喰らいやすく、事故死の危険性も高くなる。
 タリスを使用することで、離れた場所に集められるため安全になるが、その分だけ扱いが難しくなる。
 フィールドは通常移動やジャンプ攻撃程度ではMOBを逃さないが、味方の吹き飛ばし攻撃では範囲外に吹き飛ばされてしまう。
 またフィールド中にゾンデ系を放つことによって吸引効果を無効化し、同時にサ・ゾンデの範囲版のような持続攻撃を与える。
 ヒット回数はノンチャで2回、チャージで4回。
 さらにゾンディールを重ねがけすることでサ・ゾンデのように連続起爆も可能であり、雑魚掃討が一気に楽になる。
 起爆PAとしては威力と範囲で優れるナ・ゾンデやラ・ゾンデと相性がいい。
 なお、起爆するより吸引していたほうがいい場面も多々あるので注意。自分以外でゾンディールを使用している人がいたら起爆を控えるのが無難。
 EP3から、ゾンディール発動者のみが起爆できるようになった。ゾンディールが便利になったというよりは、他の雷テクニックが使いやすくなった。
 深刻のゾンディールはレシピ2以降で吸引範囲が広がる。厳選も不要なので補助目的で使うなら是非採用したい。
関連:L/ピースゾンディール
 起爆することができなくなり、吸引のみになる挙動変更リング。


 その他のテクニック

複合属性 Edit

フォトンブラストのように、ゲージを溜めることで使用できるテクニック。ゲージはテクニックによるダメージで溜まる。
メインクラスがFoまたはTeで、ロッド、タリス、ウォンドいずれかの装備時のみ利用可能。
消費するPPはなし。チャージが必要な点、JAが乗る点などは通常のテクニックと変わらない。
ただし、タリステックボーナスとテックアーツJAボーナスは乗らない模様。
2つの属性が設定がされており、2種類のマスタリーを取得していれば重ねて威力が上がる。
エレメントコンバージョンは別々に計算される。


ザンディオン(雷+風属性)
 風属性の攻撃が7Hit、雷属性の攻撃が8Hit。
 風属性の部分は、無敵効果付きの突進攻撃であり、方向調整が可能。
 雷属性の部分は、突進した跡にゾンデやラ・ゾンデのような雷撃を加える。


フォメルギオン(炎+闇属性)
 A.I.Sのフォトンブラスターや粒子砲を連想させる射撃タイプのテクニック。
 通常視点では左右にしか狙いをつけられないが、肩越し視点で上下左右に向きを調整できる。
 無敵効果がなく周囲の安全を確保してから使う必要があるが、
 雑魚の掃討にもボス相手にも使え、複合テクニックの中でも取り回しの良さは一番だろう。


バーランツィオン(氷+光属性)
 エネミーに突進して斬り刻む単体向けの近接テクニック。
 発動してから突進してヒットするまでの間スーパーアーマー効果がないため、途中で怯みやダウン攻撃を食らうと不発に終わる。
 ヒットした後も無敵状態にはならないため、反撃を喰わない状況で使うのがベター。
 回避行動によるキャンセルが可能。
 弱点属性のボスエネミー相手に、動きの止まったところに撃ちこむのが妥当だと思われる。


風・光・闇のテクニックについてはこちらを参照

スキル Edit

使用した経験のあるプレイヤーの評価等を元に記述


  • 必須
    明確な意図のある特殊ビルド以外は普通は取るスキル。
    もしくは最低限消費するポイント数の目安。
    スキル名Pt備考
    法撃アップ13ツリー経路
    テックチャージアドバンス110エリュシオン使用時に
    取捨検討
    テックチャージアドバンス210
    テックJAアドバンス10
    チャージPPリバイバル1
    エレメントコンバージョン5メイン専用
    フォトンフレア1SCの導線としてのみ
    フォトンフレアロッドSC0レベル85 メイン専用
    小計40

テックチャージアドバンス1,2
現状、テクニックはチャージして使う機会が多いのでかなり有用なスキル。
エリュシオン専用ツリーでない限り、切ることはまずない。
チャージPPリバイバル
チャージ中もPPが回復するようになる優秀なスキル。これがないとPPがいくつあっても足りない。何よりも優先して取得するべきスキルである。
ただし、テクニック発動モーション中は回復しないので注意。
マグによるPP回復Jとケートス・プロイの使い勝手が大きく向上する利点も有る。
エリュシオンを使用する場合でも、ゾンディールやナ・メギドを使う時のことも考えて、取得するケースが多い。
エレメントコンバージョン
武器の属性値をテクニックに反映できるようになるメイン専用スキル
レベル5で武器と同属性のテクニックは属性値の50%分、異なる属性は45%分、威力倍率が上昇する。
属性60の武器を持っていれば、属性が不一致でも5SPで常時27%、一致属性では30%上昇と取らない理由がない上昇率。
レベル1では以前と同じ増加量なので、全属性をきっちり揃えてあるなら1SPで十分という見方もできるが労力とメセタの負担が非常に大きくなる。
フォトンフレア
時間制限付きの法撃力の固定値上昇(Lv10で+200)。
このスキル自体の強さはともかく、効果中に有効になるスキルや潜在が強力な場合が多い。
それらを利用したいだけであれば、レベルを上げてもリキャストが短縮されないのでレベル1で十分。
フォトンフレアロッドSC
レベル85で習得可能になるメイン専用スキル
フォトンフレア発動から20秒間、ロッドでのテクニックチャージ時間が40%まで短くなる。
それだけでもかなりの速さだが、集中カスタムのテクニックを用意すると恐ろしい連射力になる。
当然PP消費量も湯水のごとくになるので、十分に活かすならPPコンバートが欲しい。



  • 有力 共通
    有力スキルであるが場合によっては切るもの
タリステックボーナス 0~5Pt
20%アップは強力だが対象はタリスのみ。
素のパラメータと武器性能差でダメージで比べるとロッドの方が大抵ダメージが高くなる。
投擲して設置済みのタリスから発動させた場合にしか適用されないため事前準備も必要。
大量に特殊能力をつけて法撃力差を相対的に小さくすれば高くなることもあるが
主力テクニックがタリス使用だといまいち使いづらいこともある。
法撃ハイアップ 0~5Pt
5SPで法撃力が120上昇し、それなりに火力向上が見込める。
特にレスタは武器法撃力を除いた数値を参照するので伸びが大きい。
装備要求値にも影響するので、低レベル帯で強力な装備を持つことができる。



  • 必須 属性
    ~属性のFoと言う場合に普通は取るスキル
    スキル名Ptスキル名Ptスキル名Pt
    フレイムマスタリー110アイスマスタリー110ボルトマスタリー110
    フレイムマスタリー25アイスマスタリー25ボルトマスタリー25
    フレイムテックSチャージ10--ボルトテックPPセイブ10
    火小計25氷小計15雷小計25

各属性マスタリー
エネミーの弱点属性が混在したクエストが主流のため、とりあえず2属性はとりたい。
他を切り詰めれば3属性を取り切ることも不可能ではない。
フレイムテックSチャージ
チャージの恩威は大きいが、炎テクニックはチャージ時間が長い傾向にある。
それを緩和する意味でも短縮効果は大きい。シフタも対象になるのもポイント。
また、PBのケートス・プロイやマグの支援効果のPP回復Jなどと相性が非常に良い。
ボルトテックPPセイブ
雷属性テクニックのPP消費を最大で10減らすことができる。
PPリバイバルと組み合わせることでPP回収をほとんど行わないでもテクニックを撃ち続けることができるようになる。
雷特化のツリーならば是非最大まで上げておきたい。
ゾンディールや、移動用によく使われるイル・ゾンデも対象になるため、雷特化でなくとも半端に余ったSPの利用先としては有用。



  • 選択 属性
    各属性をより効果的に使うために選択して取得するスキル

バーン・フリーズ・ショックブースト 各0~10Pt
状態異常の付与自体が不安定であり、確率を上げると言っても加算ではなく乗算のため体感しづらい。
たとえば付与率20%のテクニックなら、このスキルをLv10取得しても22%になるだけである。
フリーズキープ 0~5Pt
エネミーのフリーズ状態は時間経過以外に攻撃によっても解除されるが、
自身が起こしたフリーズ状態の攻撃に対する耐性を上げるのがこのスキル。
時間経過には効果が無いし、エネミーのHPが0になってしまえば意味がなくなるのも同じ。
タフなエネミーの足止めがしやすくなるという点で、アルティメットクエストで重宝される。
例によってゴルドラーダやボスエネミーの特殊凍結には無効。
フリーズイグニッション 0~10Pt
適用範囲は近接武器並みに狭く、フリーズするのも確率を上げないと安定しにくくて使いづらい面が目立つ。
フリーズにしないと発動できないため、多くのボスエネミーに対して死にスキルになってしまうのも痛い。
特殊凍結に対しては無効となり、塔に群がったゴルドラーダのような一見有効な場面でも効果が無い。
威力はLv10で2000%とまずまずだが、消費SPの多さが目立つ。
 
リキャストは初期状態で1分~Lv10で30秒。そこまで待ってまで使う意味があるかどうかはかなり微妙。
発動に失敗した時でも待ち時間が発生するため、確実に当てられる状況でなければ全くの無意味に終わる事が多いという不便さをも併せ持つ。
威力面でもフリーズイグニッションより強力なテクも追加されてきているので、より影が薄くなってしまった。
攻撃でフリーズ状態が解除されてしまう問題はフリーズキープで改善できる。
  • ノンチャージテクニック扱いなのでエリュシオンの潜在効果が乗る。
    一撃のロマンを追い求めるのには使えるが、エリュシオンを主体とする戦術のオマケ程度と思っておいたほうがいいだろう。
Fイグニッションブースト 0~5Pt
フリーズイグニッションの強化スキル。
効果範囲を拡大し、威力を最大2倍にする効果がある。
4000%ともなれば無視できない威力になるが、フリーズ無効の敵が現れるだけで役立たずになる攻撃手段に15SPもの投資ができるかは悩ましいところ。


  • 選択 共通
    必須系取得後の余剰ポイントにより選択して取得するスキル
チャージエスケープ 0~1Pt
チャージを回避行動で中断した際に、チャージ経過を記憶しておけるメイン専用スキル
もう一度同じテクニックを使用した場合、チャージをキャンセルした途中からチャージを再開できる。
チャージを完了してから回避すれば、一瞬でチャージテクが撃てるようになる。
このスキル単体では、PPを再度消費しなければならない点に注意。JAもやり直しになる。
ロッドキープボーナス 0~1Pt
チャージエスケープ後のテクニックの再発動をPP消費なしで行えるようになる。
事前にチャージしてPPを全回復しておけば、実質テクニック1回分PPが増えたのと同じになる。
イル・フォイエやイル・メギドのようなPP消費の重いテクニックをセットしても良いし、
イル・バータのようなラッシュ向きのテクニックをセットしても使える。
タリスファストスロー 0~1Pt
タリスの投擲速度を上昇させるメイン専用スキル
使い方はウォンドラバーズのようにON/OFF任意に変えられるスイッチ方式。
速度があまりに速くコントロールが利かなくなるため、タリスを一瞬で最大距離に設置するスキルと捉えて良い。
ガンスラッシュの通常射撃と同じ感覚でPP回復のために使うのもアリ。
ロッドシュート 0~5Pt
ロッドの通常攻撃スイングと同時に魔法弾を発射するようになるメイン専用スキル
魔法弾は貫通力の無い単体攻撃。ポイントしたターゲットに比較的高性能なホーミングをする。低レベルでは威力はオマケ程度。
加えて、魔法弾ヒットでPP回収が行える。ロッド殴りのPP回収とは別枠で行われ、近づく必要こそあるものの殴りと魔法弾ヒットで結構な効率で回収可能。
PP回収力のピークはLv3で、以降は威力が大きく伸びる。
 
煌気光やPP回収系のSOP付きのガンスラッシュでの回収には劣るが、持ち替えの手間なくPPが供給されるのは利点。
また、素振りの場合ロッド殴りにヒットストップが発生しないため、結構なレートで連射可能。のけぞりが有効な敵であれば足止めにもなる。
攻撃属性は法撃依存の打撃属性。そのためサブFiの場合は威力にもある程度の期待が持てる。
アタックアドバンスは適用外。
 
クヴェレネージュアがあればまるで別物の使用感になり、主力の攻撃手段にのし上がる。
ノーマルテックアドバンス 0~10Pt
エリュシオンの潜在強化によって注目されるようになったスキル。
ナ・バータやノンチャージでのイル・バータに乗ることを見越して、
エリュシオンを使わない氷ツリーでも選択肢に入る。
フォトンフレアアドバンス・フォトンフレアアフターバースト
フォトンフレアとフォトンフレアアドバンスは同じ効果。
法撃力の上昇量が固定値(Lv10で+200)で、現時点でもテックチャージアドバンス等常時発動のスキル(+10%)と効果がほぼ同等な上、時間制限付き。
今後のことも考えると効果はそれ以下になる。
法撃ハイアップもテックアドバンス系統も取り終えて、余ったスキルをどうしようかという段階になって取得を検討する程度のスキル。
フォトンフレアアフターバーストの上昇期待値は+100×(30秒/100秒)とまずまずなので、
法撃アップに手を出すぐらいならこちらを取得しようという考え方はある。
力の預言のような潜在を使うために取得するなら、フォトンフレア本体のみLv1かアフターバーストの前提分(本体Lv2+アフターバーストLv1)で十分。
フォトンフレアブースト
フォトンフレア発動時限定とはいえ、状態異常発生率にかかる倍率(最大170%)としてはそれなりに信頼できる。
もっとも、このスキルだけでは発生率上昇は実感できないかもしれない。
テクニックカスタマイズやハーフラインブースト(Fi)と合わせて状態異常にこだわるなら検討する価値はある。

マグ Edit

他職と比べて技量装備が少ないことから、法撃力特化がメジャー。
進化途中に習得するPBであるケートス・プロイも実用性が高い。

サブクラス Edit

Foはマップやコンテンツによってサブクラスを変える傾向が強い。
基本的には、Fi、Te、Brの3種を戦闘スタイルや敵の弱点属性に合わせて使い分けることになるだろう。

ファイター Edit

ファイターと組み合わせた火力特化構成。
他にもテックアーツJA系、チェイスアドバンスプラスなど、立ち回りの条件は増えるが、現在あるフォースの構成では敵の条件を考えずに最大の火力が望める。
ただし条件がかかるスキルが多くを占めるため、安定感はない。
ブレイブスタンスだけではBrのウィークスタンスに及ばないため、ワイズスタンスを活用するかテックアーツを意識して動く必要がある。


スタンス系はテクニックは部位を比較的狙いやすいため扱いやすい。後ろでワイズスタンスを乗せつつ、前面にある弱点を攻撃するなども可能。
また全属性に対してマスタリー1・2以上の火力ボーナスが得られるためおまけでメイン以外の属性も実用範囲まで押し上げる。


テックアーツJA系は異なる種類のテクニックを連続して出すことで恩恵が得られる。
異なるテクニックでも挙動や役割が似通ったものが存在するのでそれらを交互に出すこと良い。(例:ギ・フォイエとサ・フォイエ)
ザンバースやゾンディール、シフタの延長ついでやメギバースで回復を兼ねるなど、支援テクから繋いでも効果を得ることが出来る。
欠点はイル・バータ等連続して出すこと前提のテクニックとは相性が最悪。
それでもフィニッシュ直前にザンバースを置いてから繋げて発動するなどすれば、大幅な攻撃力の増強が望める。


チェイスアドバンスの適用範囲は打撃のみだが、チェイスアドバンスプラスは全属性の攻撃に適用される。
これを活用するため、フォトンフレアブーストも有効か。昨今では状態異常の有効なクエストも珍しくはない。


また、スレイヤー系スキルも法撃に適用される。
打たれ弱さのためハーフラインやデッドラインは実用的でないが、レスタの回復量にも関わるためいざというときには効くかもしれない。
PPが半分を下回りやすいフォースでPPスレイヤーは有効、特にPPを消費せずに強力な攻撃のできる複合テクニックとは好相性。
クレイジーハートは高難易度下では状態異常にされる機会も多くなるため、取っておけば活きてくることがある。

ガンナー Edit

チェインを用いた複合テクニック特化構成だった。
現在はチェイントリガーの倍率は100ヒットでも200%どまりであり、その一瞬の倍率のためだけに平時の火力を落とすのは有効ではない。

テクター Edit

PP回復力と支援能力を強化する構成。
Foにマスタリーの存在する属性の火力アップスキルはエレメントウィークヒットのみである。
ただしテクニックは弱点属性倍率がそのまま威力に乗るため、弱点属性を突くことは常に意識したい。
それを考えた時、Fo側にマスタリーがない属性のマスタリーおよびエレメントウィークヒットは無視できない存在になる。


Te側のスキルは支援テクニックの強化系を振らなければ、ある程度余裕を持ってマスタリーを全取得できる。
火力の伸び率の最大値は他のサブが優位になるが、複合テクニックの存在もあるため大きく見劣りはしない。
なお、テックチャージJAアディションの取得をサブ側に押し付けられるので若干だが消費が浮く。
Fo側のマスタリーはすべてを最大までは取得するには他を削る必要があるが、2属性を最大取得は問題なく可能。
多少分配すれば3属性を実用的なレベルで取得することもできる。


最大の魅力はPPリストレイトとPPコンバートで、チャージPPリバイバルの相乗効果で自動PP供給力が高いこと。
静止中にはPPリストレイトの効果がより大きくなるため、足を止めてテクニックを撃ち続けることがやりやすくなる。
基本的には接近を避け、安定したPP供給とテクの射程とを合わせてコンスタントに削る役回りになる。
レベル85になればフォトンフレアロッドSCが習得でき、これの効果中にはPPコンバートの存在が大いに助けになるだろう。


テリトリーバーストもあるため、支援テクの範囲が拡大できる。
シフタとデバンドはメインFoでは今ひとつ効果が薄いが、レスタや、スーパートリートメント付きのアンティは有用。
ゾンディールも広がるため殲滅でも活きるが、屈指の打たれ弱さの構成なためタリスの使用を推奨。

ブレイバー Edit

ウィークスタンスを利用した火力アップ構成。
弱点属性のテクで攻撃するだけで最大1.633倍となる。
テクニックバランスの環境の影響を受けやすいのはサブTeと同様。
Br武器関連のスキルが大部分のため、それを切った場合に余ったポイントの行き先が悩ましい。


アベレージスタンスは無条件で33%の強化を得られる。
最大倍率ではファイターが上だが、素早く動き回る相手には位置取りやコンボを意識した立ち回りが必要ないのでこちらのほうが戦いやすい。
弱点属性自体がないような相手に対してもアベレージスタンスに臨機応変に切り替えられるのが強み。
また、レ・ザンディアで集敵するなどの追加効果目当てにテクニックを運用する際、弱点属性が一致しない敵に使う場面も多いだろう。
エネミーに合わせて他の構成と上手く切り替えると良い。


法撃力付きのバレットボウを使い、高火力のナ・メギドやイル・バータとバニッシュアロウを組み合わせる戦法もあった。
現環境ではバニッシュアロウが下方修正された上、実用レベルの法撃力を有するバレットボウは存在しない。
ちなみに、ラピッドシュートマスタリーは全ての攻撃属性に適用されるので法撃も強化される。


欠点はPP回収関係のアビリティがラピッドシュート程度しかないこと。
ラピッドシュートアドバンスをのせたチャージショットの回収力はかなりのものだが、
スキルを起動するワンクッションが挟まるためガンスラによる回収よりややテンポが悪く長距離での精度にもより不安がある。
マグのオートアクションやPB、リングなどでも上手くカバーしたい。

バウンサー Edit

ジェットブーツを運用した火力とPP回復のハイブリッド。
基本的にジェットブーツでテクニックを撃つためのサブクラスであり、ロッドやタリスならサブTe、Brの方が使いやすい。
エレメンタルスタンスの発動条件はウィークスタンスとほぼ同条件なので発動は容易。

なお、エレメントコンバージョンは武器自体の持つ属性値を参照するので、ギアを乗せても書き換え後の属性に適用されるようにはならない。


最大の目玉はラピッドブーストやそれに付随するスキルで、ダメージにかかる倍率自体は低いが、
チャージだけでなくモーションも含めて高速化してテクニックを連打できるので数値以上に火力が出る。
モーションが早まるためPP回収も早くなるが、その分操作が忙しくなる。
ジェットブーツの通常攻撃からの派生攻撃による回収量は非常に高く、PPの消費をかなりカバー出来る。
デバンドアタックPPリストレイトやエレメンタルPPリストレイトFのおかげでPP回収も安定して早いのも強み。
ヒールシェア、クリティカルフィールド、エレメンタルPPリストレイトFなどサブクラスによる効果減衰のない補助が多く、特にクリティカル系はFiやGuが多い編成なら火力増強が期待できる。


ジェットブーツははじめから接近戦を意識した武器なので、近接テクニックを使う上でも優秀。
接近により被弾のリスクは上がるので、武器アクションの無敵時間やステップ、二段ジャンプの機動性を活かして対処したい。
打撃職のスタンスには遠く及ばないが、一応フォトンフレアでブーツPAの強化も可能。


サブクラスとしてのフォース Edit

フォースのスキルは攻撃テクニックの運用に特化したものであり、補助テクニックのみに期待するのであればテクターやバウンサーをサブクラスにすることを推奨したい。
攻撃テクニックの火力アップスキルも現在ではエレメンタルコンバージョンがあって初めて価値があるクラスであるため、サブクラスとしては不向き。
メイン向けのクラスである。

Foの検証と根拠 Edit

■ラ・フォイエの発動時、どこを発射起点としているのか? 文責:協力者0

 検証内容

結論:
ロッド装備時はプレイヤーキャラクターか、装備しているロッド近辺を起点としてラ・フォイエは放たれている。
タリス装備時、タリスを投げない場合、プレイヤーキャラクターか、装備しているタリス近辺を起点としてラ・フォイエは放たれている。
タリス装備時、タリスを投げた場合、投げたタリスを起点としてラ・フォイエが放たれている。

(再現性があるのか、追検証をお願いします。)


コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照 画像を非表示

  • アクションが得意ではないのでFoの弱点は体力・防御→サブHuという解にしてるわけですが、主流はやはりTeなんですかね・・・。 -- 2014-05-25 (日) 15:40:31
    • なによりイルメギの存在が大きい。闇テクを強化するとなればサブTeしか選択肢がないというのが現状。どうしてもサブHuにしたいならFoHuよりはTeHuのほうが主力テク(イルメギ、サザン、ザンバース)の火力も防御力も確保できるはず。ただしエレコンがなくなるから汎用性はなくなるしイルバも捨てることになる。 -- 2014-05-26 (月) 21:39:45
    • サブTeの恩恵:PP回復速度の早さとコンバートによる擬似ケートス・プロイ、高い基本法撃力、敵の弱点属性をついた時の高いダメージボーナス、イルグライルメギ16サザンといった主力テク属性強化。ちなみに今のFoの主力武器はエリュシオンだけどエリュによるノンチャテク戦法だとPP枯渇が半端ないからPPリストレイトとPPコンバートは必須 -- 2014-07-29 (火) 12:14:24
      • 今のFoの主力はセイメイじゃないかね。まあエリュシオンも強いけど -- 2014-08-05 (火) 15:51:53
  • 久しぶりに復帰したら他の職が強くなってて笑った フォースが雑魚になったのも -- 2014-07-09 (水) 10:07:52
    • イルバータとイルグランツ、イルメギドが主流で既存攻撃テクは大半が使い物にならんよ。Lv16サザンは現役だけどね。Elあるならサザン掘りはとイルバ掘りだ。なおep3でイルバ弱体化する模様 -- 2014-07-29 (火) 12:05:22
  • スキル振りの参考例に紹介されているURLをシミュレータの仕様変更に合わせました。いつ旧シミュシステムが廃止されるか分からないので早めに最新版の作成をお願いします。 -- 2014-09-04 (木) 09:35:20
  • EP3でフォトンフレア……というか、属性が絡まないスキルが全部法撃アップ直下に移ったから特化組みやすくなったね。
    法撃ハイアップまで直下に移ったせいで法撃アップが息してないけど…… -- 2015-01-14 (水) 02:25:13
  • Fo/Guはやっぱりネタ構成なのでしょうか? 自分はSロールJAイルメギとかサバータ撒いたり、チェインイルバして防衛戦とか立ち回ってるんですけど・・・ -- 2015-02-07 (土) 14:55:30
    • Sロール200%の頃からネタ扱いだったんだから、弱体後の今は推して知るべし。チェインからの高火力テクは一発芸としてはありだが、今はその分野でもヴォルグとかバニッシュが主流だし、活躍できる想定が浮かばぬ -- 2015-02-16 (月) 17:10:06
    • 基本的には1本釣りと同じで条件整わなきゃ駄目、ことアルティだとそれ以外のシーンで明らかに力負けしてしまうので周囲の協力が不可欠&周囲への負担が必然、あまりオススメはしたくないかな・・・一度くらい試すのは良いと思いますがボス瞬殺は気持ち良いので -- 2015-04-25 (土) 15:22:07
  • エレメントコンバージョンってフリーズイグニッションにも載るの? 氷テク扱い? -- 2015-04-28 (火) 07:44:12
  • Fo/Brのスキルの振り方わかんぬえ、、、、だれか図付きで教えてくださるとありがたいです -- 2015-06-26 (金) 16:21:57
    • 昔はスキルツリーとか載ってたはず。最新の流行を追っかけるのは無理だし消したほうがマシってとこか -- 2015-11-10 (火) 06:16:27
  • サブBrだと白い目で見られたりするのかな?サブ何するか悩んでるけど答えが出ない、誰かおすすめのサブクラス教えてください -- 2016-01-20 (水) 21:24:32
    • 高火力サブとしてメジャーだよ。相性が良いのはBrとFiとTe。Brはバニテク、Fiは属性問わない倍率、TeはPP事情の改善あたりが主な利点 -- 2016-01-21 (木) 11:05:26
      • なるほど、詰まるところ用途によって使い分けれるのが一番の理想なのか。道のりは険しいなぁ
        教えてくださって感謝です! -- 2016-01-21 (木) 12:45:23
  • 新しいスキルの書き方いいね、こういう記述は本家だとやりにくいし -- 2016-03-18 (金) 19:51:25
  • やばい、、、サブサモナーで自動回復とHP底上げしてたけど、大丈夫なのかな、、、www -- 2016-04-18 (月) 14:29:34
    • 専用ツリーを用意したとしてもイマイチだから常用するのはオススメしない、固定でザンバマンしたいとかなら選択肢として入るかもしれないが…… -- 2016-06-16 (木) 12:22:24
お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White